子育てに疲れた!イライラや悩みのはみんな持ってる!対策を紹介

f:id:kebukai01:20171210170712j:plain

 

子育てに疲れた!

イライラするし悩みも多い!

 

そんな風に思っていらっしゃるのは、あなただけではありませんよ。

 

当ブログに寄せられた、子育てに疲れたみなさんの悩みや対策が、もしかしたら、あなたの支えになるかもしれません。

 

 ひょひょさん

今まさに私は子育て中で、イライラすることもすごく多い日々を送っています。

そんな私の子育て解消法は、好きな歌手のコンサートDVDを見たり、思い切って子供から離れて自分の時間を作ってみるということです。

 

好きな歌手のコンサートDVDを見ると、気持ちが晴れ晴れしてテンションがとても上がってくるので、自分にとってはとても良いストレス発散となっています。

また、思い切って子供から離れてみるというのは、子供を主人に預けてほんの2時間くらいではありますが、デパートに行ったり映画を見に行ったり、一人ランチをするという感じで、家から離れて一人の時間を楽しむということです。

 

日常の生活から離れることで、かなりストレスが発散され、そのうち子供たちに会いたくなったりもします(笑)

 

 

クンノーさん

子育てについて、昼間は子どもが言うことを聞かないことが多く、夜間は夜泣きがひどいので、私自身とても疲れていました。

しかし、仕事が忙しい夫にはなかなかそのことを伝えられず、肉体的にも精神的にも悩んでいました。

 

そのようなことを考えながら過ごしていたある日、子どもを連れて公園に行った時に、同じような悩みを持っている同年代の女性に出会いました。

その場で意気投合し、連絡先を交換。

その後、お互いの家に行ってお互いの悩みを伝えて分かち合うように。

 

悩みを一人で抱え込まなくてよくなったので、精神的にとてもラクになり、元気を取り戻すことができました。

 

共感できる相手って必要なんだなと思います。

 

りんごの木さん

子育てしながら家事をこなすのは大変なので、ある程度手を抜かないと疲れてしまいます。

 

毎回ご飯を手作りは大変なので、レトルトやインスタントをときどき取り入れてました。

最初は抵抗がありましたが、離乳食も市販のベビーフードを使うと楽です。


お掃除ロボットを買ってからは、自動で床掃除してくれるので、床のゴミが気にならなくなりストレスが減りました。

うちは義母が子供の面倒見たがるので、よく週末は主人の実家へ預けて子供を見てもらってます。

その間は、たまった家事をしたり、一人でゆっくりと自由に過ごせます。

とてもリフレッシュ出来て元気になります。

 

 

グリコビスコさん

子育てでイライラしたり、悩んだ時は、まず自分の思いを口に出すことを心がけています。

夫でも親でも友達でも構わないので、自分のイライラしていることや悩んでいることを聞いてもらいます。

 

1番いけないことは、自分の中に溜め込んでしまうこと。
溜め込むと鬱っぽくなったり、体調を崩してしまいます。

 

わたしは、誰かに聞いてもらうことで、解決策を見出したり、話を聞いてもらうだけでも気持ちがスッと楽になります。


もし自由になる時間があるんだったら、1人で気分転換に出かけてみたりもしますね。

1人になる時間がないんだったら、思いっきり寝る!

 

これに尽きます。

昼でも夜でも、とにかく寝れるときに寝る(笑)

 

ノンノンブリさん

とにかく一人になる時間を作ること。

5分でも10分でもいいから一人でぼーっとすることが、私にとっては一番リフレッシュできる時間でした。

 

例えば、お風呂に入るときに、子供を家族に預けてゆっくり入る。

コンビニに行く時には親に見ていてもらって、散歩がてら徒歩で行く、とか。


どうしても夜中、自分しかいなくて誰にも頼れないときには、ベビーベッドの中に子供を入れて、安全を確保してから他の部屋に避難した事もあります。

 

一日にほんの数分だけでも、やっぱり一人きりの時間が取れると、ストレスのたまり方も随分ちがうなと感じました。

 

まさちゃんさん
私は子供が二人いますが、とにかく生活する上で注意しなければならないことが山ほどあります。
 
例えば食べ終わった後お皿を下げる、脱いだパジャマを洗濯機に入れるなど日々の生活習慣などをどうしても注意してしまいます。
 
あまりに毎日注意しなくてはだめなので、私はとても疲れてしまいました。
そこである日から全く注意することをやめました。
 
恐らく何もできないのだろうと思っていましたが、子供たちは何も言わなくてもしっかりお皿を下げてました。
そして脱ぎっぱなしにもしていませんでした。
 
結局先回りばかりして注意してもしなくても、子供たちはやるべきことを理解してできるのだということがわかったんですよね。
 
その後私は子供たちにあまり注意しなくなり、それによりイライラしたり疲れたりしなくなりました。
 
子供をしつけようと、がんばりすぎないのが逆にいいのかもしれませんね。