卵巣嚢腫の手術体験談-生理痛も消えたし元気な子供を2人授かりました

f:id:kebukai01:20171212192532j:plain

 

何という病名で手術をしましたか?

卵巣嚢腫

 

手術をした年齢を教えてください

29歳

 

なぜ、その病気が見つかったのですか?体調はどのような変化を起こしてましたか?

20代半ばくらいから生理痛が重く、特に生理の初日や二日目は腹痛が激しく会社を休むこともありました。

 

一度は道を歩いていて、急にあまりのお腹の痛みに救急車を呼んだこともあるほどでした。

病院に運ばれたあとすぐに痛みはなくなりましたが、一度きちんと検査を受けないととは思っていたのですが、なかなか受診せずにいたのです。

 

数年後、生理痛の度にしばらく痛み止めを飲んだり、体を冷やさないようにしてやり過ごしていたのですが、仕事を退職したのを機に婦人科を受診してみることに。

 

婦人科を受診するのは、私にとっては勇気のいることでしたが、今診てもらわなければ、という気持ちにいたのなぜかなっていたのです。

するとすぐに、卵巣に嚢腫らしきものがあることがわかりました。

 

医師から病名と手術を告げられた時、どんな気持ちでしたか?

まず先生が触診してみた段階で「なんかあるな」ということでした。

私は生理痛の重さから言っても、子宮関係にはなにか悪いものがある予感はしていたので冷静でした。

 

「やっぱりなんかあります?」などと言っていたような気がします。

 

その後レントゲンなどでいろいろ調べると、卵巣の片方にオレンジ大の嚢腫があるとのことでした。

とりあえずよろしくないものは取っちゃって!という感じだったので、その場で「すぐ取って下さい」と言っていました。

 

卵巣嚢腫はネットでも調べてみました。

私の場合は嚢腫だけ摘出するようでしたが、ネットでいろいろと見始めると急に不安に駆られます。

 

その時は結婚の予定もなかったけれど、これで子どもは産めなくなるかも、などネガティブな気持ちになったりもしました。(妊娠には問題のない病気です)

 

とにかく早く手術して、気持ち的も楽になりたいと思う気持ちも強かったのを覚えています。

 

手術に対してどんな気持ちでしたか?

はじめは「まな板の鯉」だ、と思って開き直っていたのですが、浣腸したり、尿道に管をつけたり、いろいろ手術の準備が進むにつれて不安と緊張に変わっていきました。
ドキドキする気持ちと、なるようにしかならない、という気持ち、それから、手術に対するミーハーな気持ち(ここが手術室かー、など)もありました。

 

どのくらいの期間入院しましたか?入院中はどう過ごしましたか?

トータルで1週間入院していました。

術後すぐにトイレや食事は自分で行くように言われていたので、傷口は痛むけれどがんばって行きました。

面会時間は友人がよく来てくれたので、話をしたりして過ごす時間が結構たのしみでした。

 

テレビもコインを入れてみるタイプがベット脇にあったので、一日1~2時間は視聴。

普段読まないような分厚い本を持ってきてましたが一度も読まず、友人が買ってきてくれたファッション雑誌などをめくったりして過ごしたのを覚えています。

 

手術後の経過(今現在)を教えてください

幸い経過がよく、退院後はすぐに日常生活に戻れました。

あんなに重かった生理痛がなくなり、よかったです。

 

手術から10年経ちますが、健康で子供も2人います。