青あざを早く治す方法3選!これらを駆使すれば即効で消える

f:id:kebukai01:20171213203018j:plain

 

青あざ。

早く治したい。

見た目が悪いから、すごく気になる。

 

そう思って、青あざを早く治す方法を調べていらっしゃると思います。

 

 

青あざを早く治す方法は次の3つ

 

・あたためる
・つまようじを使う
・クスリを使う

 

あたためる

「えっ!?冷やすんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、冷やすのは赤いときになります。

赤いときは炎症が起きている状態なので、抑えるために冷やすんですよね。

 

青いときは、血流を良くしてあげるのが効果的。

ですから、温めるわけですね。

温湿布を使ってもいいですよ。

 

つまようじを使う

30本くらいのつまようじをゴムでくくって、かる~~~く、青あざの部位をつんつんします。

決して激しくはしないでくださいね。

かる~~~くですよ。

 

そうすることで、こちらも血流を良くすることにつながり、青あざを少し早く改善することができます。

 

クスリを使う

ヘパリンを使います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】 ヘパリンZクリーム 18g 【ゆうメール送料80円】
価格:810円(税込、送料別) (2017/12/13時点)

 

もう書かれてますよね(笑)

『青あざが気になる』って書かれちゃってます(笑)

 

ヘパリンには、抗凝固作用があります。

血が固まるのを、防ぐ働きがあるってことですね。

 

もっと詳しく知りたい時には、こちらが参考になるかと思います。

www.pharm.or.jp

 

難しいので、何を書いているのか分かりません(笑)

「あんた看護師だろ?」と突っ込まれるかもしれませんが、薬剤師ではありませんので、分からないものは分かりません(笑)

 

まとめ

青あざを早く治す方法には、3つの方法があります。

一番簡単なのは温める方法ですが、一番効果的なのは、やはり薬を使った方法になります。

 

塗った翌日に消えるという魔法のようなことはありませんが、放っておいて自然に治癒するのと比べると格段に速くなりますので、見た目が気になるときには、ぜひ、活用してくださいね。