あせもの治し方!実は驚くほど簡単な方法があるんですよ

f:id:kebukai01:20171102181109p:plain

 

あせもができてしまった。

かゆくてしょうがない。

 

そんなとき、あせもの治し方を知っていれば、苦痛な状態を素早く回避することができます。

では、どうすれば、あせもを治すことができるのでしょうか?

 

 

あせもの治し方

あせもの治し方は、色々と書いてあるサイトやブログがありますけど、冷やせとか、辛いものを食べるなとか、熱いお風呂に入るなとか…。

 

確かにそれは一理あるのですが、即効性は『0』。

 

あせもの素早く簡単に治すのは『ステロイド』一択です。

『ステロイド』と聞くと、強い薬で悪者のようなイメージを持たれるかもしれませんが、上手に使えばこれほど心強い薬はありません。

 

f:id:kebukai01:20171030133336j:plain

 

『ステロイド』は皮膚科処方だけではなく、ドラッグストアや薬局で購入することができるんですよね。

 

例えば、楽天なら、このようなステロイドがあります。

 

⇒楽天でステロイド薬にはどのようなものがあるか見てみる

 

ただ、ステロイドには強さがありますので、できればドラッグストアに足を運んで、薬剤師に聞くのがいいかなと思います。

適したステロイド薬を、選択してくださいますよ。

 

かきむしるくらいならステロイドで一発治療を

あせもって、本当にかゆいですよね。

f:id:kebukai01:20171028212049j:plain

 

かきむしると、色素沈着を起こしやすいですし、さらに悪化しやすいですし、いい事は全然ありません。

書き方が悪いですが、見た目が汚いというのもありますよね。

 

サクッとステロイドで、一発治療するのが、安全で驚くほど簡単なんですよね。

 

好発部位

好発部位として、首、背中、胸、肘の内側、膝の裏側があります。

 

あせもができない方法

できてしまったあせもはステロイドですが、そもそも、作らないようにするには(できないようにするには)どのようにすればいいのでしょうか?

 

拭き取る

それは、好発部位の汗はすぐにふき取るということですね。

首、背中、胸、肘の内側、膝の裏側の汗は、掻いたらすぐにふき取るのがベター。

 

特に肘の内側は危険。

一番できやすい部位といっても、過言ではありません。

 

着替える

汗をかいた衣類を着替えずにいるというのは、胸や背中のあせもをできやすくしてしまいます。

 

洗い流す

拭き取るよりも着替えるよりも効果的なのは、洗い流す方法ですね。

そもそもあせもができるのは、汗をたくさんかいてしまうことにより、肌の角質がふやけて、汗の出口が塞がれてしまい、流れ出ることができずに水ぶくれを作ってしまうから。

 

ですから、汗の出口の塞ぎを改善するために洗い流すわけですね。

腕はすぐに洗い流すことができますよね?

 

まとめ

あせもの治し方は、実はとても簡単。

恐れずに、皮膚科で第一選択肢とされているステロイドを塗ることです。

 

ステロイドは怖いものではありません。

あせもを改善に導いてくれる、特効薬でしかないんですよ。

 

あせもができやすい人は、できにくくするため、汗をこまめに拭き取ったり着替えたり、洗い流したりしてくださいね。