底冷え対策!私が悩んだ末に購入したのがこの断熱シート

f:id:kebukai01:20171211184318j:plain

 

引っ越しして一軒家に住んでいるのですが、全室フローリングに改装してあり、冬場とにかく底冷えがひどい。

 

夜寝ている時、寒くて目が覚めるくらいで、全身が冷たく無意識のうちに縮こまるレベル。

 

 

どうにかしなくてはいけないと調べる

どうにかしないとこれはやばいと思って調べたら、すぐに行きついたのが、コルクマットと、断熱シートでした。

ここで、どちらにしようか迷ったんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171205085116j:plain

 

どちらがいいのか…。

 

するとまた、すぐに答えが見つかりました。

それは、断熱シートのほうが保湿効果が高く、+○℃という表記があるということです。

 

これなら、こたつなどの熱もですが体温もはねかえすような感じになり、温かさが増幅されるのではと思ったんです。

 

断熱シートに決めたけどここから悩む

断熱シートに決めたのですが、厚みが色々とあるんですよね。

2mm、3mm、7mm、15mmなどなど。

 

当然ですが、厚くなるほど値段が高くなります。

一体どれがいいのか、違いは何なのかが分からなかったんですよね。

 

厚いほうが断熱効果が高い

薄いよりも熱いほうが、底冷えの原因である床と離れるし、断熱材の量も多いので、熱いに越したことは無いことが分かったんです。

 

でも、薄いやつでも、先ほども書きましたが、+○℃という表記があるんです。

 

だから、悩んだんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171204231603j:plain

 

真ん中くらいの7mmを購入しようと思う

あまり薄いのは、+○℃と書いてあっても、その効果を感じにくいかもしれないと思い(もしそうなら厚いのを売る必要がない)、あまり厚いのも高いからという理由で、7mmのを購入しようと思ったんです。

 

ところが、ふと、こんな考えが…。

 

「7mmを購入して断熱効果が弱ければ、また7mmを購入して重ねるか、もっと厚いのを買わなくてはいけない…」と。

 

f:id:kebukai01:20171211190556j:plain

 

そうなると、出費は倍増。

後悔先に立たずとなるわけですよ。

 

それなら、もういっそのこと、大は小を兼ねるの精神(笑)

高くても、一番分厚い1.5cm(15mm)を買うことに決めたんです。

 

それがこれ。

f:id:kebukai01:20180103152411j:plain

 

これはすごい!

 

f:id:kebukai01:20171211191002j:plain

 

寒くて夜中に目が覚めるということが、なくなったんです。

「うわっ!寒い!」と、目が覚めて、なかなか寝付けずに、朝を迎えるということがなくなったんです。

 

久しぶりに熟睡できたと、心底思いました。
目覚めがすっきりで、朝からボーっとしてしまうことが解消。

 

いや、本当にびっくりです。

 

ただ、7mmならどうなのかというのは分かりません(笑)

1.5cm(15mm)を使って大満足しているわけですが、7mmだったら満足できないかどうかというのは、正直分かりません。

 

使っていませんから。

 

もしかしたら、7mmでも、同じくらいの効果があるのかもしれませんが、1.5cm(15mm)で大満足なので、買う気はありません。

 

「7mmでも大丈夫だったよ!」という情報があれば、ぜひ、教えていただきたく思います。

 

まとめ

底冷え対策で私が満足したのは、断熱シートを使った方法です。

ほんとうに、これは便利です。

じゅうたんの下にひくと、ないところとあるところの温度差がはっきりとわかりますし、寝転んでいても寒くありません。

 

効果があるとは思っていましたが、まさか、ここまでの差があるとは思っていませんでした。

 

快適な眠り、快適な生活をおくりたいのでしたら、断熱シートを検討する価値は、大ありだと私は思います。

 

⇒厚さ1.5cm(15mm)の断熱シートの一覧を見てみる