婚約指輪にエタニティを選んで後悔!4つのパターンが有力

f:id:kebukai01:20171122152722j:plain

 

婚約指輪をエタニティにした場合、後悔する4つのパターンがあります。

 

少なくとも、これらのことが起こっても後悔しないという条件で、購入を検討されるべきだと思います。

 

婚約指輪にエタニティを選んで後悔する4つのパターン

付けられる場所が限定される

宝石がキラキラしすぎていたり、引っ掛かりやすいバージョンがあるエタニティリング。

そうなると、接客業であったり、衣類などを扱う場所であったりすると、邪魔になったり、付けるのがダメだったりする場合があります。

 

f:id:kebukai01:20171122153228j:plain

 

試着コーナーで、衣類を傷つけてしまったという失敗談もあるので、扱いに注意が必要な場合があります。

 

諦めるのではなく、引っ掛かりがないものや、ハーフエタニティリングにして対応するのもありですね。

 

宝石が落ちる

最悪なのがこのパターンですね。

せっかく宝石が敷き詰められているのに、物によっては落ちてしまうという。

これは、粗悪品に多いパターンですね。

 

f:id:kebukai01:20171122153934j:plain

 

取れてしまったものが手元にあれば修繕も可能ですが、いつの間にかとれていたということも…。

 

サイズ変更がむずかしい

全体に宝石が付いているので、エタニティリングの場合はサイズ調整が難しいとされています。

サイズを大きくしたら新しい宝石が必要になりますし、そもそも、受け付けてもらえない場合が多々あります。

 

クリームが目に詰まる

ハンドクリームやフェイスクリームが、指輪に詰まってしまいます。

汚れてしまうんですよね。

 

それに注意しながら塗ると、時間がかかってしまいます。

毎回外せばいいのですが、少しずつ面倒になってしまうようです。

 

エタニティリングを激安価格で購入したい

激安なものは、将来的に宝石が外れる可能性が高くなります。

安かろう悪かろうというわけではありませんが、そういった可能性が高くなるということは、頭の片隅に入れておかれるといいと思います。

 

エタニティリングにはフルとハーフがあります

先ほどの後悔する4つのパターンですが、フルエタニティリングではなく、宝石が半周分だけついているハーフにすると解決できることもあります。

 

ただ、そうなると、1粒の婚約指輪のほうがダイナミックでゴージャスな感じがするので、悩んでしまうところになってしまいますね。

 

f:id:kebukai01:20171122155852j:plain

 

全体に宝石が付いているからこそのインパクトですので、日ごろから付けるのが目的ではないのでしたら、見た目が豪華な、大きめの一粒宝石のほうが、ハーフよりはいいと思っている人が多いようですね。

 

まとめ

婚約指輪にエタニティを選んでしまうと、後悔してしまう4つのパターンが存在します。

それらを将来的に後悔しないかどうかで、判断されるのがベターだと思います。

 

また、最終的には1粒宝石にしたほうがゴージャスと後悔することもあるようなので、相手としっかり話し合って決めるというのも、相談が可能であれば推奨されますね。