フロントガラスの内側をアルコール(エタノール)で拭くと視界良好に!

f:id:kebukai01:20171020232138j:plain

 

フロントガラスの内側をアルコール(エタノール)で拭くと、おどろくほど視界良好になります。

 

理由はとても単純で、アルコール(エタノール)が油膜を取り除いてくれるからなんです。

 

 

フロントガラスの内側をアルコールで掃除する方法

f:id:kebukai01:20171024111703j:plain

 

私が使っているのは、フロントガラスの掃除用として使っているのが、キッチン用のアルコールスプレー。

 

掃除の手順について書いていきますね。

 

準備するもの

・バケツや洗面器に適量の水

・タオル

・綿100%の着なくなった衣類(肌着など)、マイクロファイバータオル

・アルコール(エタノール)スプレー

 

手順

タオルをバケツや洗面器の水につけ、しっかりと固く絞ります。

 

フロントガラスの内側を、キレイに拭いていきます。

 

汚れが多い様だったら、適宜、バケツや洗面器の水で洗って、タオルをキレイな状態にして拭いてください。

 

キレイに拭き終わったら、窓かドアを開け、その状態のまま、フロントガラスの内側に、アルコール(エタノール)スプレーを噴霧します。

f:id:kebukai01:20171024111815j:plain

 

締め切った状態だと、アルコールのニオイでむせてしまったり、気分が悪くなったりする可能性があるので気をつけてくださいね。

 

f:id:kebukai01:20171017145952j:plain

 

噴霧が終わったら、綿100%の衣類や、マイクロファイバータオルでしっかりと拭き取ります。

f:id:kebukai01:20171024111842j:plain

 

拭き残しがないように、気を付けながら拭いてくださいね。

 

もしも、もしも可能であれば2回おこなってください。

そうすれば、拭き残し(拭きムラ)を、軽減もしくは回避できますから。

 

これで完了です。

スッキリとキレイになったことと思います。

 

腕が疲れたと思います。

お疲れ様でした。

 

これより下は余談とまとめになります。

 

(余談1)ガラスクリーナーじゃダメなの?

ガラスクリーナーでも落ちるのですが、油分を多く含んでいるため、夜のドライブ時にギラギラしてしまう可能性があります。

 

使ってみると分かるのですが、太陽などに反射したときに虹色になるんですよね。

拭き取ればキレイになるのですが、それが残って夜間のドライブ時に、対向車のライトでギラギラしてしまう可能性がるんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171019012601j:plain

 

夜間の運転をされないのであれば、ガラスクリーナーでも問題はないと思います。

 

(余談2)フロントガラスの内側の曇り止めにもなります

運転してみたら分かるのですが、今までよりも曇らないというのが一目瞭然だと思います。

 

ただ、外気温との差でどうしても曇ってしまう場合があります。

 

その時は、内気循環ではなく、外気導入モードにして、デフロスター(矢印が上方向に3本くねくねしたやつ)をオンにしてください。

 

それで一気に解決します。

 

まとめ

フロントガラスの内側をアルコールで拭くと、油膜取りをすることになり、視界がとても良好になります。

 

曇り止めの作用もありますので、まさに一石二鳥。

快適なドライブを、楽しんでくださいね。

 

追記

フロントガラスの外側の対策についても、まとめてみました。

 

⇒フロントガラスの水垢の落とし方!おどろくほど簡単に解決