鼻毛の脱毛は危険!チャレンジする前に確認してみてください

 

f:id:kebukai01:20171017125358j:plain

 

鼻毛の脱毛は危険らしい。

最悪の場合は死亡することも…。

 

鼻の中や周囲には脳につながっている血管があり、そこに細菌が入り込んでしまうと、脳に到達し、脳炎や脳髄炎を起こして死亡する可能性があるといいます。

 

f:id:kebukai01:20171017125652j:plain

 

鼻毛を脱毛して死ぬなんて、こんな嫌なことは無いですよね。

 

鼻毛はフィルターの役目もしている

鼻毛は、フィルターの役目もしています。

ホコリや菌などが体内に入りにくいように、防ぐ働きをしているんですよね。

 

それが脱毛によってなくなってしまえば、ダイレクトに体内に取り込まれてしまい、例えば風邪をひきやすくなったり、喘息のような咳を起こしやすくなったりするんですよ。

 

f:id:kebukai01:20171017144237j:plain

 

ですから、鼻毛の脱毛は危険だといわれているんです。

 

鼻毛がないとどうなるのか…。

考えただけでも、怖いですよね。

 

鼻毛の脱毛は入り口だけにとどめましょう

鼻毛ってみたら分かりますが、かなり奥のほうも生えていますよね。

ですから、どうしても脱毛をしたいのであれば、入り口部分だけをするようにするのがベスト。

 

なるべく突っ込みすぎず、軽く入れる程度にすれば、そこまで多くの鼻毛の脱毛をすることはありません。

 

f:id:kebukai01:20171016143736j:plain

 

でもそれだったらわざわざワックス脱毛せずに毛抜きで抜けばいいのでは?

f:id:kebukai01:20171017151637j:plain

 

おっしゃる通りです(汗)

切っても目立ってしまう、入り口部分に生えている鼻毛だけ、ピンポイントで毛抜きで抜くほうがいいです。

 

そして残りの部位は、鼻毛バサミか、鼻毛カッターで切るようにする。

ワックスで抜くのは、鼻の中の粘膜も傷つけてしまいますからね。

 

f:id:kebukai01:20171017145029j:plain

 

鼻毛ワックス脱毛のデメリットは分かったけど…

ただ、デメリットが多いと分かっていても、ワックス脱毛でこんな感じで毛が抜けると、すがすがしいというか爽快というか、満足感が大きいんですよね(汗)

f:id:kebukai01:20171017145130j:plain

 

「うおぉぉぉ!すげぇぇぇ!」って、なってしまうんですよね。

「鼻毛ワックスの効果はすごい!」って、なってしまうんですよね。

 

欲望に負けたらダメ

これに尽きるかなと思います。

鼻毛脱毛は危険でデメリットが多いので、ごっそり取れるという欲望に負けないように頑張らなければなりません。

 

鼻毛がないとどうなるのかを、考えなければいけないんです。

 

でも、そうやって今この記事を書いている私は、すでに鼻毛脱毛をしたい欲求にかられている(汗)

 

誰だ!

一番最初に、鼻毛のワックス脱毛を考え付いた人は!

恨みますからね!

 

あっ。

すいません。

自分の意思の弱さを、責任転嫁してしまいました。

 

f:id:kebukai01:20171017145952j:plain

 

まとめ

鼻毛の脱毛は危険です。

死亡する可能性、病気になる可能性、粘膜を傷めてしまう可能性があります。

 

ごっそり抜ける喜びや楽しみに負けないような、強い心を持ってくださいね。

そんなことを書いている私が、負けそうですが…。