左ひざ半月板損傷の手術体験談-思ったよりも重症で予後も寛解はせず

何という病名で手術をしましたか?

左ひざ半月板損傷

 

手術をした年齢を教えてください

23歳

 

なぜ、その病気が見つかったのですか?体調はどのような変化を起こしてましたか?

サークルのメンバーで、飲み会をやっていた日でした。

酔っ払って歩けない友人をおんぶしようとしゃがんでいたら、友人が私の背中に倒れこんできてしまったんです。

 

酔っ払っていたこともあり、力もなく、全体重が私の背中にかかり、私も倒れました。

その際に左ひざを捻ってしまいました。

 

その夜はひざが曲がったまま固まっていて、伸ばすことができず、激痛で寝ることもできず苦しい夜をすごしました。

 

翌日、朝イチで近所の整形外科を受診。

レントゲンを撮って、患部を触った段階で、ひざに大量の血が溜まっているといわれ、CTを撮らないと分からないということで、市内の総合病院の紹介状を書いてもらい、そちらの病院へ行きました。

 

診てもらったところ、靭帯が切れている可能性があるといわれ、すぐにCTを撮りました。その結果、靭帯ではなく、半月板が傷ついていることが分かったんです。

 

医師から病名と手術を告げられた時、どんな気持ちでしたか?

まさかそんなにひどいとは思わず、唖然としました。

最初の診察では叔母に連れて行ってもらいましたが、血縁関係のある親族(両親)を呼んで、ケガの状態や今後のことを話したいといわれたときは、本当に大変なことになったと実感しました。

 

ひざに溜まっている血がこれ以上増えなければ手術はしないで大丈夫かもしれないと言われ、ちょうど大型連休中でもあったので、家で安静にしてすごすことに。

 

もし手術になったときのことを考え、術後に気をつけなければならないことや、生活に制限が出てしまうことをインターネットで調べました。

 

手術をしてもリハビリをしても、激しい運動をすれば、再発の可能性があること、長時間正座はしてはいけないこと、などやはり今までの生活をそのままとはいかないことがわかり気落ちしてしまったのを覚えています。

 

もし手術になった場合は内視鏡手術で、部分麻酔なので、そんなに時間もかからないと言われてはいましたが、もし失敗して歩けなくなったら・・・と思い、内視鏡手術についても調べました。

 

手術に対してどんな気持ちでしたか?

血が増えてしまい手術をすることに…。

今まで手術や入院をしたことがなかったので、手術日まで毎日毎日とても不安でした。

麻酔の注射は痛いのかとか、部分麻酔なので、行われていることがすべて見えてしまうのもとても怖いと思いました。

 

ならいっそのこと、全身麻酔のほうがいいんじゃないかと思いました。

 

手術中はどうでしたか?

ただ、ひたすら怖かったのを覚えてるだけで、何がどうだったのかは思い出せません。

全身麻酔なら、こんな怖い思いをしなくてもいいのにと、思ったのは確かです。

 

どのくらいの期間入院しましたか?入院中の術後は何をして過ごしましたか?

6日間の入院でした。

当初の予定は3日でしたが、思いのほか傷がひどく、入院が長引きました。

 

術後はまずひざを動かすためのリハビリが始まり、歩行訓練も開始。

毎日決まった時間にリハビリ室へ行き、5日目くらいにはエアロバイクをゆっくりとこげるようになりました。

リハビリ以外では、お見舞いに来てくれた友人と話をしたらり、ゲームをしたりですね。

 

手術後の経過(今現在)を教えてください

季節の変わり目や寒い日はひざが痛むことがあり、そういう時はサポーターをしています。

少し長めにしゃがんだりするとひざが固まってしまうことがあるので、しゃがむときも片ひざついたりして工夫をしています。