揖保の糸のゆで時間とゆでかたと美味しい食べ方

f:id:kebukai01:20171115160111j:plain

 

揖保の糸。

それは、そうめん界のクイーン。

 

島原との2大巨頭とも考えられているが、やはり揖保の糸のほうが認知度も味も上回る(あくまで個人的感想・笑)

 

f:id:kebukai01:20171115084438j:plain

 

そんな揖保の糸を美味しく食べるため、ゆで時間やゆで方、美味しい食べ方などを書いていきたいと思います。

 

 

揖保の糸のゆで時間

通常がいい

1分30秒~2分

 

かためがいい

1分~1分30秒

 

やわらかめがいい

2分~2分30秒

 

ゆでかたにもポイントがあります

ゆで方にも結構ポイントがあるんですよね。

 

お湯の量とゆでかた

1束(100g)に対して1リットル以上のお湯。

ぐつぐつとちゃんと沸騰してから入れる。

お湯が沸騰するのを待つ間、束をほどいておく(ほどいておくと一気に入れることができるから)

 

美味しい食べ方

ざるにあげて、流水でもみ洗いする。

一番上にある画像のように、氷水にひたすと、さらに冷えておいしさが増します。

 

あまり長時間付けていると、麺がふやけてしまうので、冷えたと思ったら水を捨てるのもいいですね。

 

このような感じですね。

f:id:kebukai01:20171115161935j:plain

 

普通の食べ方に飽きた場合のそうめんレシピ

cookpad.com

 

cookpad.com

 

cookpad.com

 

cookpad.com

 

cookpad.com

 

まとめ

揖保の糸は、いろんなパターンで楽しむことができます。

味もしっかりしていて、他の追随を許さないレベルを保っていると私は思っています。

 

ゆで時間、ゆでかた、美味しい食べ方をマスターすれば、もう、揖保の糸の虜になること間違いなし(笑)