胃酸過多の対処-すぐにできる方法と気をつけたいことを厳選

f:id:kebukai01:20171116060243j:plain

 

胃酸過多の対処法を、紹介させていただきますね。

 

 

胃酸過多の対処

簡単にすぐできる方法だけを紹介しますね。

 

水を飲む

簡単でしょ?(笑)

ただ気をつけていただきたいのは、水というところ。

 

お茶やジュースではなくて、水というところですね。

水が味気ないのであれば、麦茶やハーブティーや牛乳など、カフェインが入っていないものを選んでください。

 

f:id:kebukai01:20171115221347j:plain

 

水でもちろんいいのですが、できればでいいのですが、白湯かぬるま湯が胃酸過多には適していますよ。

 

熱すぎるのは刺激になりますから、NGですので気をつけてくださいね。

 

姿勢に気をつける

お腹に負担がかかるような姿勢は、出来るかぎり取らないようにすることが大切です。

でもこれは、できるときとできないときがありますよね。

 

車の運転は腹圧がかかりやすいですが、いくら胃酸過多が気になっても、せざるを得ないことは多々ありますから。

 

f:id:kebukai01:20171115223602j:plain

 

できる範囲で、取り入れるようにしていただければと思います。

 

胃酸過多に対処してもよくならない(もしくは悪化している)

この場合は、素直にクリニックや病院に行くか、ドラッグストアや薬局に行って、薬を飲むしかないですね。

 

できればというかなるべく、市販薬よりは治療薬のほうがいいので、クリニックや病院を受診されてくださいね。

 

f:id:kebukai01:20171115221641j:plain

 

薬を飲んでも改善しないときは、しっかりとそのことを医師に伝えてくださいね。

薬は1種類ではありません。

複数あります。

 

必ず、あなたに合う胃薬がありますから、伝えることが大切ですよ。

 

日ごろから気をつけていただきたい重要なこと

2つあるかなと思います。

 

添加物をとらない

なるべく、添加物をとらないようにしてください。

 

f:id:kebukai01:20171115221806j:plain

 

 

今の食材にはたくさん添加物が入っていたりついていたりするので、0にすることはできませんが、出来るかぎり大量に摂らないようにする努力はできるのではないでしょうか?

 

例えば、ジャンクフード(ハンバーガーやアメリカンドッグなど)を食べない。

例えば、カップめんを食べない。

例えば、コンビニやスーパーの弁当や総菜を食べない。

 

大量に添加物を摂取するのを、回避することができます。

 

暴飲暴食を止める

食べ過ぎ、飲みすぎは胃への刺激になりますし、長時間胃酸を分泌しつづけることになります。

ゆっくりとしたペースで、少しお腹に余裕を残して食べ終えるのがベターかなと思います。

 

まとめ

胃酸過多の対処には、いくつかのアプローチ法があると思います。

一番簡単にできるのは、とりあえず水(できれば白湯・ぬるま湯)を飲むことだといえます。

 

改善が望まれない場合は、クリニックや病院で診察をされ、原因を究明し、服薬治療などをされるべき。

ご自愛くださいね。