いちご鼻の治し方!ありとあらゆる方法が実は微妙だったという件

 

いちご鼻の治し方を、一生懸命に探していらっしゃると思います。

 

いちご鼻が治った人のブログを探し、どんなことを行っているのだろうとチェックしたい気持ちも分かります。

 

しかし、残念なお話が…。

それは、ありとあらゆるいちご鼻の治し方が、実は、微妙だということ…。

 

f:id:kebukai01:20171019223529j:plain

 

なぜ微妙だと言い切れるの?

理由はとても簡単で、数多くの皮膚科医がそういっているからに他なりません。

ishicome.medpeer.jp

 

上記のサイトをご覧いただくと分かりますが、ピーリング、ワセリン、毛穴パック、蒸しタオル、サプリ、運動、指で押しだすなどなど、すべてが微妙な結果になっているんです。

 

一番確実な方法が、毎日の正しい洗顔

それでも67%程度しかありません。

 

 

ではなぜ、こんな結果になってしまったのでしょう?

 

一部の皮膚科医や医師がいったらそのまま流行ってしまう

これって、かなり恐ろしいと思いませんか?

200人の皮膚科医のうち、例えばワセリンが効果的と思っている医師は、3%くらいですから6人しかいないということになります。

 

しかし、この6人の医師のうちの2人くらいが、ワセリンはいちご鼻に効果ありという本を出版するとしますよね。

 

すると、194人の皮膚科医は「効果なし」と思っているのに、世間では、『ワセリンはいちご花に効果あり』と認識されてしまう可能性があるわけなんです。

 

テレビや雑誌などで1人の医師が、答えたり、新しい情報を提供したり、その常識は間違っているといったりしますが、それは、そもそも、その医師の考えであって、全ての医師の意思ではないってことなんです。

 

あたかも、医師の意見をまとめたというようなニュアンスですが、全くそうじゃありませんからね。

 

SNSで拡散してしまう

1人の人がいちご鼻の新しい治し方を発見し、効果があったとSNSで報告するとします。

すると、それを実践した人、実践しない人が拡散することが多々あります。

 

その結果、効果があるものとして定着してしまうんですよね。

 

じゃあいちご鼻は治らないの?

これを先ほどのサイト様に書いてあるのですが、美容皮膚科や皮膚科などで治療をするしかありません。

 

「結局はそんなこと?」と思われるかもしれませんが、そんなことです(汗)

自己流というか民間療法というか、そういうものではいちご鼻を治すことは難しいということです。

 

まとめ

いちご鼻の治し方を探していらっしゃると思いますが、自己流では難しいと、多くの皮膚科医が断言されています。

何の根拠もなく、皮膚科医が答えるわけがありませんので、鵜呑みにしたほうがいいとは言いませんが、信憑性は限りなく高いと思います。