胃痛でキリキリとした症状がみぞおちにあるときに疑われる病気

f:id:kebukai01:20171116060243j:plain

 

胃痛がする。

キリキリとした症状がみぞおちに。

 

なんなんだろうこれ?

何かの病気かな?

 

胃痛でキリキリとした症状がみぞおちにあるときに疑われる病気

・急性胃炎
・慢性胃炎
・胃潰瘍
・胃がん

 

急性胃炎

胃痛がキリキリとするときに真っ先に疑われるのが、急性胃炎です。

胃の粘膜の炎症による、キリキリとした痛みになります。

短期的なもので、ストレスや飲酒過多などの原因を取り除くと、一気に回復します。

 

慢性胃炎

キリキリとした痛みもありますが、それよりも起こりやすいのが、胃もたれやお腹がはった感じですね。

 

住みついてしまったピロリ菌が、アンモニアを生成します。

発生したアンモニアが胃の粘膜を刺激することで、炎症を起こさせ痛みを生じるというメカニズムです。

 

f:id:kebukai01:20171115221347j:plain

 

 

ですから、ピロリ菌が胃に住んでいない場合は、起きないという風に考えられています。

 

胃潰瘍

慢性胃炎を繰り返していると、胃の粘膜がびらんを起こしてしまうことがあります。

そうなると、胃潰瘍。

食後しばらくすると、キリキリとした痛みを感じるようになってきます。

 

胃がん

ピロリ菌に持続的に感染していると、胃がんになりやすいといわれています。

空腹時に、胃がキリキリと傷むのが特徴です。

 

早期に手を打つのがベスト

どのような病気でもそうですが、病気になってしまった以上は早期治療がベストです。

それよりもいいのが予防医学なのですが、なってしまうときはいくら予防しててもなってしまいます。

f:id:kebukai01:20171115223639j:plain

 

軽い胃の痛みと思って放置や我慢をしていると、結果的に胃潰瘍になってしまったり、最悪の場合は胃がんということもあるわけです。

 

早い時期にピロリ菌の対策を練っていれば…。
ということにもなりかねないわけですね。

 

胃腸科の受診を

大げさと思われるかもしれませんが、薬局やドラッグストアで胃薬を購入して対処するのではなく、胃腸科を受診されてください。

 

その結果、胃がキリキリとする原因が何なのか分かれば安心できますし、必要なときはもちろん適した治療が施されます。

 

f:id:kebukai01:20171115220152j:plain

 

自己判断で診察をせずに薬局やドラッグストアで内服薬を飲んでいても…

しかし、ただやみくもに薬だけを飲んでいても、何の解決にもならない場合もあるわけですよね。

 

一時的に症状が緩和するので、何事もなかったかのように放置してしまう悪循環。

 

それを繰り返した結果、発見が遅くなってしまうことも珍しくありません。

 

f:id:kebukai01:20171115085430j:plain

 

まとめ

キリキリとした胃痛の症状がみぞおちにあるときには、4つの病気が考えられます。

 

ストレスや飲酒や喫煙をやめて改善するときは、急性胃炎の可能性が高いです。

 

なかなか改善しない場合は、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの病気が考えられます。

 

できるだけ、大げさと思わずに病院やクリニックを受診されてくださいね。