寒暖差アレルギーは夏と冬に起こりやすい理由を徹底解説

 

f:id:kebukai01:20171013135446j:plain

 

寒暖差アレルギーは、夏と冬に起こりやすいです。

理由はとても単純で、夏のクーラー、冬のヒーターにより、温度差が激しくなるからです。

 

夏のクーラー(冷房)と寒暖差アレルギー

室内で作業をするときは、しっかりと冷房が入っているわけですが、外に出ると温度は急上昇。

 

このとき、強い寒暖差が現れてアレルギーが出現しやすくなります。

f:id:kebukai01:20171006172956j:plain

 

気温差が激しいと、鼻の粘膜の自立神経が過剰な反応をしてしまい、アレルギー症状が出現します。

自律神経が、温度の変化についていくことができなくなり、防御反応の一環として鼻水やくしゃみを出して対応しようとするわけです。

 

逆もあります。

外から部屋の中に入り冷房で一気に体が冷えると、やはり寒暖差が激しくなりますのでアレルギー症状が起こってしまうわけですね。

 

冬のヒーター(暖房)と寒暖差アレルギー

いちいち書く必要はありませんが、冬は暖かい部屋から寒い外へ出たとき、寒い外から暖かい部屋に入った時に寒暖差が激しくなるので、アレルギー症状が出ます。

 

職場では難しいけど出来る対策は一つ

寒暖差アレルギーは、夏と冬のクーラーやヒーター(暖房や冷房)によって、引き起こしてしまうということがお分かりいただけたかと思います。

 

ということは、この寒暖差が少なければ少ないほど、アレルギー症状が出にくくなるわけですよね。

 

職場ではかなり難しいですが、できる対策は温度調整しかありません。

 

外が30℃なら、クーラー(冷房)は28℃。

外が35℃なら、クーラー(冷房)は32℃。

 

というように、外と部屋の中の温度差を少なくするんです。

 

f:id:kebukai01:20171004205250j:plain

 

すると自律神経の過剰な反応は弱くなりますので、寒暖差アレルギーが夏でも冬でも、現れにくくなります。

 

でも、それって難しいですよね。

職場の室温調整って、自分の都合で出来ませんから。

 

f:id:kebukai01:20171005071706j:plain



あえてできるとすれば、自宅でしょうか?

 

寒暖差アレルギーの治療法

市販薬などになるべく頼らずに、まずは、耳鼻科を受診されて今の状況をしっかりと把握されるべきだと思います。

 

対症療法の薬が出たり、下甲介粘膜焼灼術が行われたりします。

下甲介粘膜焼灼術とは、レーザーなどでアレルギーの原因になる粘膜を焼いて反応させなくする治療法になります。

 

まとめ

寒暖差アレルギーが夏と冬に出やすいのは、クーラー(冷房)とヒーター(暖房)により、外との温度差が激しくなるから。

 

温度差が激しいと自律神経が刺激されて、体の防衛反応が働き鼻水によってそれを除外しようとします。

それが、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状になるわけですね。