胡蝶蘭の育て方や花が終わったらなどが知りたい!

f:id:kebukai01:20171211041506j:plain

 

胡蝶蘭の育てかたや花が終わったら、魅力などを紹介します。

 

 

1. なぜ胡蝶蘭を育てようと思ったのですか?

私が以前に勤めていた会社は社交ダンス教室で、その職業の性質上、お祝い等で胡蝶蘭をいただくことがしばしばありました。

植物の世話は、必然的に新米の私の役目となり、一度花の散った胡蝶蘭の新芽を再び花咲かせることが私の任務となりました。

 

これが胡蝶蘭を育てるきっかけですね。

 

2. 胡蝶蘭の育て方をどうやって調べましたか?どこで学んだり調べたりしましたか?

社交ダンス教室のオーナーは還暦を迎えた先生で、植物の育て方や魚のさばき方、DIYで様々な道具の作り方など、現代の若者が知らないことややらないことをたくさんご存じでした。

そのため、胡蝶蘭の育て方も先生から教えてもらいました。

 

3. 胡蝶蘭の育て方をおしえてください

まず、水のやり方ですが、毎日あげることはせず、1週間に1度、ベランダに胡蝶蘭を鉢ごと運び、たっぷりの水をじょうろで何度も根本に染み込ませていきます。

 

頻繁にやりすぎると、根腐れしてしまうので注意が必要です。

季節によっても違い、なかなか乾燥しない梅雨時などは水の量を少な目にします。

 

設置する場所ですが、直射日光は避けるものの明るい場所で、なるべく風通しのよいところを選びます。

芽は光の方に向いて伸びていくので、形を気にして定期的に向きを調節します。

害虫駆除と成長促進のため、ホームセンター等で購入した肥料を使うこともあります。

でも、一番大切なことは、なによりも愛情をもって育てることではないでしょうか。

 

4. 胡蝶蘭の魅力を教えてください

胡蝶蘭の魅力は、なんといってもその花の均整のとれた美しさと、純白の色合いだと思います。

種類によってはピンク色や紫色の胡蝶蘭もありますが、やはり白色が王道。

 

f:id:kebukai01:20171211042158j:plain

 

お店や会社の開業や記念に送る定番として、高級感もあるため、お店としては飾ることに誇らしさを感じられますし、見る側の人もその店の信頼を受けとることができます。

 

また、きちんと水やりなどをして育てることで花が長持ちするので、きちんとした管理ができているかどうかが証明できるのもいいですね。

手を抜いたら、すぐに分かるんですよ。

 

f:id:kebukai01:20171211042224j:plain

 

複数ある場合、配列で見栄えや美しさも変わるので、持ち主のセンスを楽しむことができることも、魅力といえるでしょう。

 

5. 胡蝶蘭の花が終わったらどうしますか?

花が落ちたあとも、きちんと水やりや日光への配置などの管理を続けることで、新芽を出して新たな花を咲かせることができます。

これは、継続的な世話をしなければ難しいので、愛情をこめて育てた証しとなると思います。

 

f:id:kebukai01:20171211042250j:plain

 

胡蝶蘭は、花が終わったあとも楽しむことができます。

 

ブログに寄せられた胡蝶蘭の情報

めぐさん

胡蝶蘭は、非常にすっきりと美しい咲き方をするのも、大きな魅力だと思います。

贈り物によく利用されますが、花が1列に美しく並びすっきりとした見栄えが、日本人には非常に適しているような気がします。

 

また他の花に比べ多少育て方が難しい印象があり、美しく花が咲くと誇らしい気持ちになるのも大きな魅力ですよね。
しっかりとした手入れをしてあげれば、期待に応えてくれるものであるため、手入れのしがいがあると言うのは本当に同感です。

 

花が終わったら、早めに枝の花芽の部分を残して、切り落とし花瓶などに形を整えて挿しておくと、1週間程度はしっかりとした形が楽しめます。

 

またいちどだけお風呂に浮かべてその香りを楽しんだこともあり、非常にゴージャスな気分になりました(笑)

 

ゆりあさん

インターネットで花の画像やどこかの旅行先で花を見つけた体験日記などを適当に見ていたら、胡蝶蘭が偶然サイトにアップされていました。


すごくキレイな花で、しばらく見ていました。

花屋さんにも売っているという事だったので、自分にも咲かせる事ができるかなと思い、花屋さんで購入する事に。

 

風通しのいい場所が良いと教えてもらったので、そういう場所を選んでそこで世話を。

肥料はあまりあげすぎは良くないとインターネットに書いてあったので、その通りにすることに。

胡蝶蘭は気温も関係あるみたいで、大体20℃くらいにいつも保つために、気温計を近くに置いておきました。

 

インターネットでアップされていた時のインパクトが凄かったのを覚えています。

私が見たのはミディファレノだったけれど、私が育てたのは、ファレノプシスは胡蝶蘭という事が分かりました。

 

インターネットで見た胡蝶蘭もキレイだったど、自分で育てたものは思い入れがあるので、そっちのがキレイと思ってしまう自分がいます(笑)