子供の英会話の効果!毎日1時間しなければ意味が薄い

f:id:kebukai01:20171028165434j:plain

 

子供の英会話の効果ってあるのかな。

週に1回の英会話教室に通わせようと思っているのだけど、それで効果ってあるのかな。

 

そんな風に思って、色々と調べていらっしゃると思います。

非常に残念ですが、それでは効果がないということは、多くの有権者により説明済みなんですよね。

 

 

答えとして、このような結果が出ています。

 

英語ができるようになるのは、年2,000時間の学習が必要という説があります。

「いかに多くの時間その言語に触れるか。」が語学学習の決め手です。

週1日、50分または90分の教室での学習では不可能です。

 

外国人教師が英語だけで指導をすることには意義があるのですが、但し、年間で40~45時間程度の授業だけでは、誰がどのようなメソッドを駆使しても言語回路を作るには、絶対時間数が不足しています。
せめて1日1時間、450日間英語を聞き続けさせる工夫が必要です。

引用元:http://www.llcenter.or.jp/info/jido.html

 

非常に残念ですが、これが現実です。

全然、足りていないということがお分かりいただけたかと思います。

 

無意味と言ってしまうといいすぎなのかもしれませんが、週に1回の1時間程度では、明らかに時間数が足りていないので、時間のムダとも考えられているんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171027081818j:plain

 

家庭でも勉強をするのであれば意味がある

結局は、これに尽きるといっていいですよね。

 

週に1回1時間では無意味ですが、毎日1時間+英会話教室なら意味が出てきます。

どのような習い事でも家で練習するかしないかで、その学びには大きな違いが出てきますよね。

 

f:id:kebukai01:20171024164600j:plain

 

週に1回のピアノだけではあまり上達しないように、週に1回のそろばんだけではあまり上達しないように、やはり練習を積み重ねなければ、身にはつかないと思います。

 

うちの娘のは無しで申し訳ないのですが、ピアノを習っていたんですよね。

でも、先生の事情でピアノ教室を閉鎖することになり、ピアノを止めることになったんです。

 

すると、最後の1ヶ月は、丸っきり練習をしませんでした。

「練習しなくてレッスンに行くのは嫌じゃない?面倒じゃない?」と聞くと「楽しい」とは答えます。

 

だから、嫌いなわけではないのでしょうが、やる気がないというか、練習しない。

結局、最後の1ヶ月は課題曲が全然まともに弾けませんでした。

 

f:id:kebukai01:20171028172025j:plain

 

それまでは、毎日のように練習していて、課題曲を1週間である程度は弾けるようになり、2週間目には弾けるようになっていたのに、練習しなかったことにより、1ヶ月経っても全然まともに弾けなかったわけです。

 

 

家庭での練習や復習や予習がどれほど大切か、身をもって知らされた事例です。

 

まとめ

子供の英会話の効果は、毎日1時間が必要です。

これは、最低の時間になります。

 

そうしないと、英語の能力(言語回路)は作られません。

いくら英会話教室の達人が教えたとしても、無理なんですよね。

 

ですから、家庭でも積極的に英語に触れさせるという努力、親も英会話を学ぶ姿勢というのが、大切になってくるのではないでしょうか?

 

うちの場合は、私も妻も英語が苦手で難しいとの認識なので、英語を教えられませんし、付き合うこともできませんし苦痛です。

 

ですから、子供が英会話を習いたいといってきましたが、いろんな理由を付けて習わせませんでした。

 

「それは親の都合では?」と思われるでしょうし、そうだと思います。

それについては、弁明の余地もありません。

 

が、親が協力できない以上は、それは仕方がないことだと思っています。

週に1回(1時間程度)の習い事でも、少しは役立つのかもしれませんが、習っていなかった場合と比較して、どれだけの差があるのか…。

 

そのあたりを考えれば考えるほど、協力できない(付き合えない)以上は、不要だと思えて仕方がないんです。