高血糖の症状一覧-これらの症状が出たらかなりやばいです

 

高血糖の症状には、どんなのがあるんだろう。

将来、糖尿病になりたくないから、気になって仕方がないですよね。

 

私もそうです。

 

血糖測定器を購入して定期的に測るのが一番いいのですが、なかなかそこまでできない。

 

ちなみに血糖測定器(デキスター)はこのようなものです。

 

⇒血糖測定器 - Google 検索

 

ですから、自己判断できる高血糖の症状を一覧にしてみたんです。

 

高血糖の初期症状一覧

f:id:kebukai01:20171018001049j:plain

 

それでは、さっそく高血糖の症状を見ていきますね。

 

初期症状と書いていますが、これらの症状が出るということは、血糖値が高めの状態が続いているということですから、早めに医療機関で診察を受けられることをおすすめします。

 

口渇(のどが渇く)

口渇(のどが渇く)の原因は、血液の中にブドウ糖が増えすぎると、体の外に出そうするため尿の量が増え、体の水分量が少なくなるからです。

 

頻尿・多尿(尿の回数が増える・量が多くなる)

頻尿・多尿(尿の回数が増える・量が多くなる)の原因は、血液中に増えたブドウ糖を体の外に出そうとするため、回数や量が増えます。

 

多飲(水分をたくさん飲む)

のどが渇きますからたくさん水分を取ってしまいます。

これは、頻尿・多尿による自然現象といえます。

 

一番わかりやすいのが口渇(のどの渇き)

上記3つの中で、一番わかりやすいのが口渇(のどの渇き)です。

今までと全く同じ生活をしているのに、最近のどが渇きやすいなと思われたときは、注意してくださいね。

 

高血糖の中期症状一覧

疲労感・倦怠感(疲れ・だるさ)

ブドウ糖が上手く使えていないのでエネルギー不足におちいり、疲れやすくだるさを感じやすくなります。

 

空腹感・多食

ブドウ糖がエネルギーとして使われにくくなるため、体が脂質を利用し出し、空腹感が生まれ、たくさん食べてしまうようになります。

 

お腹いっぱい食べたはずなのに、すぐお腹が空いてしまう場合、今までそうじゃなかった場合は、高血糖が進行している可能性が高いです。

 

体重減少

ブドウ糖がエネルギーとして使われないため、脂質やたんぱく質がエネルギーとして使われ出します。

その結果、食べているのに体重が減少してしまうという不思議な状態へと移行します。

 

高血糖の末期症状一覧

糖尿病神経障害

手足のしびれや痛みがおきます。

立ちくらみ、筋力低下、異常な汗、インポなどがおこります。

 

糖尿病網膜症

網膜の血管が高血糖が続くことにより詰まってしまい、その先に栄養や酸素が行かなくなります。

ある日突然、視野が真っ暗になることに…。

 

糖尿病腎症

高血糖の状態が続いてしまうと、腎臓の、ろ過膜が破れてしまい、タンパクなどが尿の中に漏れ出してしまいます。

そして、腎臓が機能しなくなってしまい、透析という事態に…。

 

まとめ

冒頭でも書きましたが、高血糖の症状を感じ始めたということは、すでに進行を始めている状態だといえます。

「あれ?当てはまる!」という症状があった際には、早めに医療機関を受診されてくださいね。

 

また、糖尿病は遺伝性疾患で、糖尿病になりやすい体質が遺伝してしまうことで発症してしまいます。

親兄弟に糖尿病に罹患されたかたがいる場合は、あなたも遺伝している可能性が高くなりますので、十二分に気をつけてくださいね。