ミサンガがくるくるにならない方法!2つの方法を伝授

f:id:kebukai01:20171024115552j:plain

 

ミサンガを作っていると、いつのまにかくるくるになっている。

ミサンガがくるくるにならない方法って、あるのかな?

そんな風に思って、一生懸命に調べていらっしゃると思います。

 

 

ミサンガがくるくるにならない方法はなる理由を知ること

ミサンガが丸まるのは、斜め編みをしていたら仕方がありません。

これは、ミサンガのプロ(いるのか分かりませんが)があんだとしても、くるくるになってしまいます。

 

なぜなら、斜め編みがそういう風になるようにできているからなんですよね。

 

ちなみに、斜め編み以外の方法で作ったら、丸まりません。

「えっ!?なにこれ?全然丸まらない!」と、驚愕されることになるかと思います。

 

f:id:kebukai01:20171024115953j:plain

 

それだけ、斜め編みはくるくるになってしまうんですよ。

 

ですから、斜め編みを止めるというのが、くるくるにならない方法の1つになります。

 

斜め編みでもくるくるにならない方法

編んでいる状態でくるくるを伏せぶことはできませんが、出来上がったものを、平らにすることは可能です。

 

その方法を伝授したいと思います。

 

手洗いをしてアイロンをかける

洗濯機で直接洗ってしまうと、ほつれてしまったり、傷んでしまったり、へたってしまったりします。

 

せっかく一生懸命に作ったのに、それでは困りますよね。

 

ですから、手洗いをしてくださいね。

 

f:id:kebukai01:20171024115934j:plain

 

手洗いをしたら、干します。

ある程度乾燥したら、アイロンをかけます。

 

アイロンは高温でかけるのではなく、低温から中温で撫でるようにやさしくゆっくりと掛けてくださいね。

 

まとめ

ミサンガを斜め編みしている場合、くるくるになるのは仕方がありません。

ですから、くるくるにならない方法を実践して、真っ直ぐ平たんで結びやすい、ミサンガを作り上げてくださいね。