急性虫垂炎の手術体験談-予後は良好で痛みもなく順調に回復

f:id:kebukai01:20171212230354j:plain

何という病名で手術をしましたか?

急性虫垂炎

 

手術をした年齢を教えてください

37歳

 

なぜ、その病気が見つかったのですか?体調はどのような変化を起こしてましたか?

普通に家事育児をしていたある夕方に急に右側の腹部にピリピリと何か流れるように一瞬激痛が走り、頭が痛くなって寒気がし始めたんです。

これが、体調の変化の始まりでした。

 

しかし私は昔から偏頭痛持ちだったので、頭痛はまたいつもの偏頭痛かなと思い、バファリンを飲みました。

すると1時間もしないうちに頭痛も寒気もおさまり、体調も回復してきたのでまた普通に生活をしてたんです。

 

そして次の日になったら頭痛なかったけど、また右側の腹部がチクチク痛んだり治ったりの繰り返しでした。

 

チクチクし始めて3日目になって、自分でもがんとか病気の事が心配だったから近くの内科に行ったんですよね。

そして先生に症状を話して、血液検査をしてすぐに言われた言葉が虫垂炎の可能性があるとの事でした。

 

そして紹介状を書くから、今すぐに大学病院へ行って下さいと言われたんです。

 

医師から病名と手術を告げられた時、どんな気持ちでしたか?

近所の内科の病院から紹介してもらった大学病院に行き、再度CTや血液検査などを細かく検査をして診断されたのが、急性虫垂炎でした。

 

私は『虫垂炎=盲腸』と聞くと、ものすごく痛くて立ってられないイメージでいましたが、普通に病院に車で行くこともの出来たし、その当時2歳の子供も普通に抱っこしていたので、虫垂炎の診断が出た時に最初は信じられませんでした。

 

先生に

「痛みは治っているからまだすぐに手術しなくても良いんじゃないですか?」

と質問したら、

「症状が最初に出て飲んだ頭痛薬で一旦治まっただけ」

と言われてしまいました(笑)

 

血液検査の白血球の数値がかなり高くなっているので、手術をオススメすると言われたのを覚えています。

 

でも私は子供がいるという事もあって手術も入院するのも嫌で、手術を告げられた日は一度家に帰り、家でゆっくり考えることにしたんです。

 

一度は治まった症状がまた痛くなり始めて横にならないとダメだなと思った瞬間、やっぱり手術をしようと決意が出来ました。

 

手術に対してどんな気持ちでしたか?

私は虫垂炎の手術する2年前に子供を帝王切開で出産しているので、どうしてまた私が手術しなくちゃいけないのという気持ちが一番強かったですね。

 

また子供がまだ小さかったので、子供をおいて手術と入院をするというのが一番抵抗がありました。

 

どのくらいの期間入院しましたか?入院中の術後は何をして過ごしましたか?

入院期間は手術をして5日間でした。

私は腹くう鏡手術でした。

痛みは全然なかったのですが、全身麻酔をしたので体力がなくなり歩くのも最初は数歩くで精一杯でしたね。

 

その為、入院中は時間をみて看護師さんと館内を一緒に歩く練習をして少しずつ体力を回復していきました。

 

手術後の経過(今現在)を教えてください

手術後は、痛みも出ないでずにすみました。

体力の低下をしていましたが、退院後3日目辺りから普段通りの生活を送れるようになってきました。

 

今も、何ごともなく生活できています。