日本製のおすすめのマスクはずばりこれ!理由の説明あり

 

日本製のおすすめのマスクは、ずばりこれ。

f:id:kebukai01:20171006122224j:plain

f:id:kebukai01:20171006122246j:plain

 

⇒楽天でFUJIあんしんマスクを見てみる

 

私がFUJIあんしんマスクをおすすめする理由

いくつか理由があるのですが、一番の理由は安いということですね。

 

安い

色々と調べていらっしゃるのでご存知だとは思うのですが、日本製(国産)のマスクって、基本高いんですよね。

1枚30円のものはざらですし、高いものだと1枚100円したりします。

 

いっぽうマスクの主流国になっている中国製だと、1枚10円、1枚0.8円だったりするわけです。

 

f:id:kebukai01:20171004205250j:plain

 

FUJIあんしんマスクの最大のメリットは、1枚当たり『10円』ということ。

 

国産なのにですよ?

 

10種類も紹介しているサイトやブログもあります

日本製のマスクを10種類くらい紹介してランキングにしているサイトやブログがありますが、私は2種類だけしか紹介するつもりはないんですよね。

 

なぜなら、そういったサイトやブログって、1枚数百円するマスクも、おすすめしているから。

 

f:id:kebukai01:20171005221751j:plain

 

お金持ちならそれでいいですが、私は貧乏ですので、基本安いものしか買えません。

 

マスクに関しては中国製よりも日本製(国産)のほうが、安心性や信頼性が高いので、安くていいものをと思っておすすめというか紹介しているため2種類だけの限定された紹介になります。

 

ただ、FUJIあんしんマスクは、安かろう悪かろうではありません。

人気も、ものすごく高いです。

 

f:id:kebukai01:20171006123713j:plain

 

まさに、日本製のマスクを使いたい人たち(私やあなたを含む)に、使っていただきたい人気がある安いマスクなんです。

 

安いマスクなら『息らくらく不織布マスク』も安くて日本製

FUJIあんしんマスクと同じように、私がおすすめしていたのが『息らくらく不織布マスク』だったのですが、こちらは、メーカーが生産を中止されてしまいました。

 

ですから、私が人気があっておすすめできる日本製のマスクは、2種類から、FUJIあんしんマスクの1種類になってしまったんです。

 

f:id:kebukai01:20171005071706j:plain

 

もしも、これも製造中止になったら…。

考えただけでも怖いです。

 

FUJIあんしんマスクは種類が豊富

楽天でFUJIあんしんマスクを見てみるを見ていただければ分かるのですが、FUJIあんしんマスクには種類が多々あります。

 

・ホワイト

・ブルー

・ピンク

 

種類

・ノーマル

・カップキーパー付き

・ノーズフラップ付き

・プリントタイプ

 

サイズ

・S

・M

 

それぞれの特徴を見ていきますね

ノーマル

名前の通り、オーソドックスなマスクになります。

色は、ホワイト、ブルー、ピンクの3種類があります。

 

カップキーバー付き

口の部分にワイヤーが入っていて、口を圧迫せず、少し浮いた感じを維持することができます。

説明が難しいのですが、しゃべりやすくて息苦しさが少ないと書けばいいでしょうか…。

 

色は、ブルー、ピンクの2種類があります。

 

ノーズフラップ付き

マスクの中心部にはねのようなものが付いていて、それを広げると、より一層、鼻から出る息が上方へ抜けるのを止めることができます。

 

メガネをかけている人用のマスクと、考えていただければいいと思います。

くもり防止ですね。

 

f:id:kebukai01:20171005072336j:plain

 

でも残念ながら、そこまで役には立たないと私は感じました。

ノーマルよりも1枚当たり2円くらい高いのですが、その価値があるのかというと、私は微妙です。

 

普通にくもってしまいますし。
もっと改良の余地があるのではと感じます。

 

まとめ

日本製のおすすめのマスクは2種類あったのですが、今は、1種類しかありません。

それは、FUJIあんしんマスクです。

 

色、柄、用途に応じて使い分けができるし、安いので非常に重宝しています。

ノーズフラップ付きは、一度試されてもいいと思いますが、ノーマルとさほど変わりません。