おとなしい猫を3種類紹介-飼いやすさNo.1はこれに決定

 

おとなしい猫の種類って、どんなのがあるのだろう。

にぎやかな猫もいいけど、飼うのにはおとなしい猫のほうがいいかも。

 

そう思って、調べていらっしゃると思います。

 

おとなしい猫の種類

私の独断と偏見で、TOP3を決めました。

個人的な意見ですので、なにとぞ、ご了承ください。

 

No.1:ラグドール

f:id:kebukai01:20171021145714j:plain

 

おとなしい猫といえばラグドールといわれるくらい、従順でおとなしいです。

 

ラグドールって、ぬいぐるみって意味合いもあるらしいですね。

まさに、願ったり叶ったりの、おとなしい猫の種類。

 

しかも嬉しいことに、ラグドールはおとなしくて従順なだけではなくて、なつきやすいのが特徴。
猫って、自分勝手でわがままってイメージかもしれませんが、ラグドールに関してはそれはあてはまりません。

 

No.1にふさわしい猫。

それが、ラグドールです。

 

あっ!

忘れてました。

 

抱っこしても嫌がらないのも特徴的で、もう、可愛くて可愛くてしかたなくなりますよ。

 

No.2:スコティッシュフォールド

f:id:kebukai01:20171021150605j:plain

 

毛が長いタイプと短いタイプがいるのですが、おとなしいのは毛が長いほうですね。

 

そもそも猫は、毛が長いほうがおとなしい種類が多いです。

 

骨が柔らかいのが特徴で、たまに、人間っぽい動きをするんですよ。

そのしぐさに、はまること間違いなし!

 

おとなしいというよりも、人懐っこくて甘えん坊といった印象ですね。
どちらかというと、オスのほうが甘えん坊だといわれています。

 

せかせかしてなくて、おっとりゆっくりしているのも特徴ですね。

 

ブリティッシュショートヘアー

f:id:kebukai01:20171021151500j:plain

 

穏やかで賢くて、褒められるのが大好き。

他の猫も褒められれば喜びますが、ブリティッシュショートヘア―は、調子に乗り出すくらいほめられるのが大好きです(笑)

 

そして、さみしがり屋なんですよ。

さみしがり屋だと、ないてアピールしそうなのですが、ムダになかないのがすごいですよね。

 

個性があるので注意してくださいね

ただ、性格がおとなしいといっても、個性がありますので、おとなしさにも差が生じてしまいます。

 

このあたりは、どの動物でも一緒。

もちろん、人間でも一緒ですね。

 

穏やかな民族といわれている民族の中にも、気性が荒い人がいないわけではありませんから。

 

欲しい猫の種類が決まった場合は、飼おうと思っている猫の性格を、ブリーダーやペットショップの人に聞くといいと思います。

私は素人ですから、積極的に聞くようにしています(笑)

 

まとめ

おとなしい性格の猫を、3種類紹介いたしました。

もちろん、これら以外の猫でも、おとなしい性格の猫はいますが、そのあたりは自己判断ってところになるでしょうか(汗)

 

他にも、おとなしいといわれている猫の種類は、ペルシャ、シャルトリュー、ヒマラヤン、メインクーンです。

 

あくまでもここで書いているTOP3は、私の独断と偏見ですのでツッコミは無しでお願いしますね(祈)