霰粒腫(さんりゅうしゅ)の手術体験談-再発したけど違う病名?

f:id:kebukai01:20171212152423j:plain

何という病名で手術をしましたか?

目にできた霰粒腫を取り除く手術

 

手術をした年齢を教えてください

24歳

 

なぜ、その病気が見つかったのですか?体調はどのような変化を起こしてましたか?

コンタクトを入れていたのですが、目がゴロゴロするような違和感があったことがきっかけでした。

 

元々、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどを持ち合わせていたので、花粉の時期などは目が痒くて仕方がなかったんです。

それなのに、さらに霰粒腫ができてしまったことで、夜寝ている間もきちんとまぶたが閉じていないからなのか、目が痒くて目が覚めるという状況もプラスされてしまいました。

 

また、普段生活していると、目やにがその霰粒腫につっかえて、視界がぼやけることもあり、それが生活する上でなかなか困ってしまいましたね。

 

霰粒腫はまぶたの裏にできるので、その目やにを取るのも、容易ではなく、まぶたを自分でひっくり返すこともできないので、持ち上げてなんとかティッシュで取るのですが、かなり苦戦しました。

 

医師から病名と手術を告げられた時、どんな気持ちでしたか?

アトピー性皮膚炎のように、塗り薬で良くなるものだと思っていたので、目薬の治療で小さくなり、やがてはなくなるのかなと思いました。

できれば、手術をせずに済めばいいなたら思っていたので。

最初は目薬で治療をしていたのですが、結果として全く小さくならなかったので、切り取ることに。

 

ネットで調べると全て取りきれなかったら再発するなどと色々書いてあったりしたので、とても不安でしたね。

そもそも、多分霰粒腫だと思うけれど、切り取って検査をしてみないと、正式に何かは分からないと言われていたので、悪い方に悪い方にばかり考えてしまい、それがとても怖くて心配でした。

 

しかも、手術がまぶたをひっくり返して、そこに麻酔をするために注射針を刺すということが、想像するだけで恐ろしく、また結構べったりとまぶたにひっついていたので、「切り取ったら、まぶたはどうなってしまうのかなぁ」と考えただけでも、汗びっしょりになってしまうほどでした。

 

手術に対してどんな気持ちでしたか?

まぶたをひっくり返されたら、何も見えない状態なので、怖いような怖くないような複雑な気持ちでした。

しかし、麻酔の針がまぶたに刺さるかと思うとやはり怖く、不安な気持ちでした。

霰粒腫が結構まぶたに張り付いていたので、それを取り除いた後のまぶたのことも気がかりだったことの1つです。

 

入院しましたか?術後はどのようにして過ごしましたか?

入院はしませんでした。

日帰りでしたが、片目に眼帯をつけているので、いつも通りには生活が出来ず、何もせずにゆっくり過ごしました。

 

家族と同居していたので、色々と世話を焼いてもらえたので、有り難かったです。

 

手術後の経過(今現在)を教えてください

再発してしまいました。

今の眼科医には霰粒腫ではなく、手足に同じように出るアトピー性皮膚炎の仲間と言われています。

 

前回は霰粒腫だったんですけどね。

よく分かりません(笑)