ちりめんじわが首に!どんな手入れがいいの?ズバリ教えます

ちりめんじわが首にできてしまった…。

なかなか隠すことができない、首の肌年齢。

 

どんな手入れをすれば、いいのか。

非常に、悩んでいらっしゃると思います。

 

 

首のちりめんじわには保湿能力が高いセラミド

f:id:kebukai01:20171028210034j:plain

 

いろんな保湿成分がありますが、効果が非常に高いのがセラミドだといわれています。

 

多くの保湿美容液に含まれている成分のうち、コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が大きいことから、皮膚の内部にまで浸透することはできません。

これに対してセラミドは表皮の1番上の層である角質層に存在する保湿成分なので、この層までならお肌に塗っても浸透できる可能性があります。そのためセラミド配合化粧水や美容液は、非常に高い保湿効果が期待できると言われています。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/003237/

 

細胞同士がくっついていると、肌が外からの刺激から守ってくれる働きを十分に発揮することができます。


そのため、お肌を健やかな状態で維持させるためにはセラミドが必要なのです。

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/003237/

 

しわができる原因は、乾燥。

乾燥することにより、弾力や潤いがなくなってしまい、ちりめんじわになってしまうんですよね。

 

ですから、色々な保湿剤の中でも優秀な、セラミドを使うのが効果的なわけですね。

 

セラミドの中でも優秀なのがヒト型セラミド

小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林 章浩)は、東京工科大学応用生物学部(前田憲寿教授)との共同研究で、ヒト型セラミド1,2,3混合物が、肌に存在する保湿成分・セラミドを合成する遺伝子発現に作用し、セラミド産生促進効果を発揮することを発見いたしました。本研究成果は、2016年8月6日・7日に京王プラザホテル東京で開催された「第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」において発表いたしました。

引用元:https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2016/160819_01/index.html

 

皮膚科学会で発表されたということは、当然ですが信頼性が高いということになり、しっかりとしたデータがあってからのことです。

 

そうしないと発表なんて、できるわけがないのですから。

 

製薬会社である小林製薬が、満を期して発売したのがヒフミドというセラミド配合の化粧品。

トライアルセットは、たったの980円で試すことができます。

 

セラミド

⇒小林製薬の公式サイトでトライアルセットを確認してみる

 

まとめ

ちりめんじわが首にできたときに、もっとも効果的なのはセラミド。

多くの有識者が、その効果を認めています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンと違い、しっかりと保湿成分が浸透しますので、ちりめんじわが首にできていたとしても、今よりも数倍美しくなるのは、容易に想像できるのではないでしょうか。

 

セラミド

⇒小林製薬の公式サイトでトライアルセットを確認してみる