急性虫垂炎の手術の体験談-血液検査で分からずにとんでもないことに

f:id:kebukai01:20171212064714j:plain

 

何という病名で手術をしましたか?

急性虫垂炎

 

手術をした年齢を教えてください

高校1年生、15歳。

 

なぜ、その病気が見つかったのですか?体調はどのような変化を起こしてましたか?

高校に入学する2日前から口の中全体にヘルペスが出来、ごはんがほとんど食べられない状態で体調がすぐれませんでした。

 

そして高校入学3日目の夜に、感じたことのない腹痛に襲われ我慢が出来ず、救急車で総合病院に運ばれました。

 

ところが、救急車など初めての体験で緊張からか痛みが飛んでしまい、病院で血液検査、触診などもしましたが、先生からは

「栄養失調からくるお腹の痛みだろう」

とその日は点滴を打って帰ることに。

 

さいわいにも次の日が休日だったため、1日家で横になっていたのですが、夜またあの腹痛に襲われ寝れなったんです。

仰向けやうつ伏せ、逆立ちや足だけ壁に立て掛けたり、寝かたを色々工夫しても腹痛は取れず眠れず、段々お腹の痛む位置も右下腹部辺りに移っていったのを覚えています。

 

そして朝方、両親を起こし病院へ連れて行ってもらったのです。まだ15歳だったため小児科に通され、思った以上に混んでおり3時間ほど待ち合い室で待っていたかと思います。

 

その間、40度の熱が出てしまったので長椅子に横にさせてもらい、看護師さんが毛布を持ってきてくれて意識がもうろうとする中、早く順番が来てくれることをただただ願いました。

 

名前が呼ばれ、ふらふらな状態でベッドに横になり、点滴や触診をして先生からは『盲腸の疑いがある』と診断され、急遽外科に移動。

外科では待合室で1時間ほど待ちましたが、点滴のおかげか痛みが和らぎ座りながら寝てしまいました。

 

その後、外科で血液検査を行った結果「急性虫垂炎」であることが遂に判明し、直ぐに入院の手続きをするように言われました。

 

医師から病名と手術を告げられた時、どんな気持ちでしたか?

「急性虫垂炎」と言われて何だろうと思いましたが、そんな顔をしていた私に先生は盲腸の事だよと教えてくれました。

 

ネットで調べたら、血液検査をすれば直ぐわかると書いてあります。

だけど、3日前に病院に来た時は虫垂炎であることはわからず、帰されてしまった俺。

 

「なんでその時に、わからなかったのだろう」という気持ち、「病名に急性がついていたので突然発症して、わからなかったのだろうか」など、点滴で痛みが和らいでいたので冷静にそんなことを考えていました。

 

直ぐ入院の手続きを行い、病室に移動。

 

母は、

「家から、私の入院に必要なものを取りに行く」

といって急いで帰ってしまいました。

 

病室で自分の手術はいつするのだろうと気になり、バタバタと準備をしている看護師さんを呼び止めて

「私の手術はいつやるのですか?」

と確認しました。

 

すると

「これからですよー!」

と言って、荷物を持って出て行った看護師さんの後ろ姿を見つめながら、ようやく自分が今すぐに手術をしなくては危険な状態だと言う事がわかり、言いようのない不安に襲われたことを覚えています。

 

手術に対してどんな気持ちでしたか?

とにかく、手術など今まで経験したことがなかったのですごく不安でした。

 

「失敗はすることはあるのだろうか。」

「麻酔が効きそびれているところを切られたらどうしよう。」

「痛くないのだろうか。」

 

と、看護さんが手術の準備中をしている間ずっと考えていました。

 

また、『全身麻酔は意識が戻らない可能性もある』との情報もあったので、「手術は成功してもそのまま植物状態などにならないか」などとも思いました。

でも、「手術をしなくちゃどちらにしろ自分はダメなのだ」と考えが落ち着いて、無事に手術が終わることだけを願いました。

またできれば痛くありませんようにと。

 

どのくらいの期間入院しましたか?術後の入院期間は何をして過ごしましたか?

手術は無事に終了し、5日間入院ののち退院しました。

 

術後しばらくは、何もしていなければそこまでないのですが、腹筋を使うと激痛が走ったため、ベッドから起きるのも大変だったし、トイレに行くのや笑うことさえも一苦労。

点滴スタンドを持って歩いている時は腰が伸ばせず、おばあちゃんのようだと友人に笑われてしまいましたね。

 

看護師さんには、

「手術した次の日から無理しない程度にリハビリで歩いてください」

と言われていたので、入院2日目には自分が食べたものを、50mくらい先の配膳台まで歩いて持っていくようにしていました。

 

それ以外はほとんどベッドの上で本を読んだり、家族と話したりして過ごしていたかと思います。

 

手術後の経過(今現在)を教えてください

退院後、縫ったお腹の中に膿が溜まってしまい急遽抜糸をしてまだ塞がっていない傷口を開き、膿を押し出して洗い流さなくてはいけなくなったんです。

 

毎日通院するという、激痛の地獄の日々が1ヶ月くらい続きました。

あの時の痛みは忘れられません。

 

結果、右下腹部に7cmほどの切り傷も残ってしまいました。

 

何故、膿んでしまったのだろうと今でもたまに考えますが、あれから10年ほどの時が経ち、今は何事もなく元気に過ごしています。