春ウコンと秋ウコンと紫ウコン違いを徹底的に説明します

f:id:kebukai01:20171118165900j:plain

春ウコン、秋ウコン、紫ウコンの違い。

わざわざ3種類も別の名前で出しているわけですから、何らかの違いがあると思いますよね。

 

私もそうだったんです。

調べてみたら、含有量の違いがあることが分かりました。

 

 

春・秋・紫ウコンの違い

では、違いについて説明させていただきますね。

 

春ウコン

クルクミンと精油を、ほどよく含んでいるのが春ウコンになります。

バランスに優れているため、効能範囲が広いとされています。

 

秋ウコン

秋ウコンといえばクルクミン。

そう断言していいほど、多量のクルクミンが入っています。

 

その量は、春ウコンの10倍以上。

おそロシア(笑)

 

紫ウコン

100種類以上の精油成分が含まれ、ダイエットに働きかけるという情報も最近は入ってきています。

 

ウコンって本当に効果があるの?

これが微妙なところ。

効果がないとは断言できませんが、効果があるとも断言できないというのが(2017/11/18現在)の情報になります。

 

過去に、ウコンは効果がないという情報が蔓延し、ウコンは無意味とさえ言われていたのですが、それは、誤訳だということが分かっています。

 

news.yahoo.co.jp

 

blogs.itmedia.co.jp

 

nlab.itmedia.co.jp

 

しかし、ターメリックの効果が懐疑的なのであれば、ターメリックが効果効能があるとされてきたわけですから、「効果がないのでは?」と思ってしまうんですよね。

 

でも、効果があったというデータや研究結果もあるということですから、どっちがどっちなんだって感じですね。

 

f:id:kebukai01:20171118141637j:plain

 

ウコンを飲むのであれば、医薬品を飲まれてみたらいいと思うんですよね。

 

ウコンって所詮は、サプリメントの領域を越えませんよね。

 

でも医薬品は違います。
国がその効果を認めています。
裏付けがあるからこそ、医薬品として国が承認するんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171115221347j:plain

 

胃薬って、けっこう飲み続けるじゃないですか?

降圧薬って、飲み続けるじゃないですか?

 

なのになぜ、肝臓の薬って飲み続けずに、ウコンやシジミに頼ろうとするのでしょうか?

その理屈が、いまいち分からないんですよね。

 

f:id:kebukai01:20171115222004j:plain

 

医薬品なら間違いないとは言いませんが、少なくとも、サプリメント的な位置づけにあるウコンよりは、効果があるのではないでしょうか?

 

yahooショッピングで売れ筋の医薬品をチェックして、そのまま購入するもよし、楽天やamazonで購入するもよし、近くのドラッグストアや薬局で購入するもよし。

 

shopping.yahoo.co.jp

 

しつこくて申し訳ありませんが、効果の保障されていないサプリメントの位置づけのウコンではなく、医薬品を飲まれたほうが理にかなっているのではないでしょうか?

 

まとめ

春ウコン、秋ウコン、紫ウコンは、成分の含有量が大きく異なります。

似て非なるものではありません。

用途に合わせて飲んでいただければと思います。

 

ただ、肝臓のことを思ってというのであれば、胃薬や降圧薬などを飲まれるように、薬を飲まれるのが適しているとは思います。

 

なぜなら、医薬品は、国がその効果を認めているということだから。